SQLインジェクションとは?


近年、企業経営を脅かす脅威として増大しているのがサイバー攻撃です。企業のウェブサイトなどを狙ったSQLインジェクションもサイバー攻撃のひとつで、悪意のある攻撃者がよく使う手口です。SQLインジェクションの被害がMSP業者の視点からみても、非常に多いです。今回はSQLインジェクションに注目して、概要と対策、セキュリティ専門家がいなくても可能なセキュリティ対策の解決策を紹介します。

SQLインジェクションとは?

SQLインジェクションとは、不正なSQL(データベースを操作する代表的な言語)をターゲットする企業のウェブサイトにインジェクション(注入)するサイバー攻撃です。たとえば、ECサイトや会員登録が必要なサイトのユーザーIDやパスワードを入力する欄やウェブサイト上に設置されたサイト内検索フォームに、不正なSQLを入力して実行することで、企業のウェブサイトに不正なSQLをインジェクションして、データベースを操作し、重要データの搾取や改ざんを行います。

SQLインジェクションを原因とする被害

SQLインジェクションを原因とする被害で代表的なものは「重要情報搾取」と「ウェブサイト改ざん」です。重要情報搾取企業のウェブサイトがつながるデータベースには、企業が取得し蓄積したユーザーの氏名、生年月日、ID・パスワード、クレジットカード番号などの重要な情報が保存されています。悪意のある攻撃者が、不正なSQLをウェブサイトにインジェクションすることで、重要情報を引き出す不正な操作がおこなわれ、重要情報が搾取されてしまいます。ウェブサイト改ざんSQLインジェクションによって、ウェブサイトが改ざんされる被害も出ています。一般企業ばかりでなく、政府や自治体なども、SQLインジェクションのターゲットとされ多くのウェブサイトの改ざんがおこなわれています。

SQLインジェクション対策

SQLインジェクション対策の代表的なものは以下になります。エスケープエスケープとは、企業のサイトにSQLインジェクション攻撃がおこなわれても、実際に不正な操作がおこなわれないようにする対策になります。エスケープでは、悪意のある攻撃者が不正なSQLを企業のウェブサイトにインジェクションしても、実行できないように、データベースを操作するSQLに使用されるシングルクォート( )やセミコロン(’;)などの記号が入力された場合、別の文字として解釈するように設定をおこないます。

WAF導入

WAF(Web Application Firewall)は、悪意のある攻撃者が、ターゲットとなる企業のウェブサイトにアクセスした後に、不正と認識される動きがないかアプリケーションレベルで感知して、疑わしい要求があった場合は、受け付けないファイアーウォールです。

一般的なファイアーウォールは不正なアクセスがあった時点で感知しアクセスを遮断するため、悪意のある攻撃者がターゲットとなる企業のウェブサイトにアクセスした時点では、正当なアクセスと区別ができないSQLインジェクションは、防ぐことができませんでした。

WAFを導入することで、一般的なファイアーウォールをすり抜けたSQLインジェクションを防ぐことができるわけです。

脆弱性を定期的にチェック

企業のウェブサイト内のソフトウェアやアプリケーションなどが、最新バージョンにアップデートされ脆弱性がないかセキュリティ専門家が定期的にチェックすることも重要です。

開発や導入時に脆弱性対策を忘れない

ウェブサイトの開発では、セキュリティ専門家のスキルと経験を加味してSQLインジェクション攻撃に対抗できるように作業をすすめる必要があります。また、ウェブアプリケーションなどを導入する際にもセキュリティ専門家によって、脆弱性対策が十分に備わっているプランであるか確認しなければなりません。

社内にセキュリティ専門家がいないときはAIを活用

企業のセキュリティ対策には専門的な知識が必要です。さらに近年はSQLインジェクションのような新たな脅威に対して対策をとらなければなりません。多くの企業にとって、今日のセキュリティ対策に最適な専門家を採用したり、社内で育成することは困難となっており、社会問題のひとつとして総務省の報告書にも取り上げられています。

そんな日 本企業の問題点を解決し、セキュリティ対策の専門家が不在でも 高度 なセキュリティ対策を可能とするのが、サイバーマトリックス株式 会社が 提案 するセキュリティ専門家の ノウハウを モデル 化した脅威検知AIセキュリティクラウド「CyberNEO」の導入です。

CyberNEOは、自社にセキュリティの専門家がいなければ対応できなかった最新の状況に合わせた脅威を感知するセキュリティクラウドであると同時に、WAFをAIで自動 運用するサービスで、大容量 のログをリアルタイムで分析可能なセキュリティ運用プラットフォーム基盤 であり、想定できない近年の未知の脅威からシステムを保護すると 同時にセキュリティ運用コストを大きく削減することができます。AIセキュリティクラウド「CyberNEO」につきましては下記リンクを参照ください。

AIセキュリティクラウド「CyberNEO」

まとめ

SQLインジェクションとは、不正なSQLをターゲットする企業のウェブサイトにインジェクションするサイバー攻撃です。SQLインジェクションを原因とする被害で代表的なものは「重要情報搾取」と「ウェブサイト改ざん」で、悪意のある攻撃者が、不正なSQLをウェブサイトにインジェクションすることで、重要情報を引き出す不正な操作がおこなわれ、重要情報が搾取されてしまいます。SQLインジェクション対策の代表的なものはエスケープ、WAF導入、脆弱性を定期的にチェック、開発や導入時に脆弱性対策を忘れないことなどがあります。企業のセキュリティ対策には専門的な知識が必要ですが、専門家がいなくても可能なセキュリティ対策の解決策のひとつに、セキュリティ専門家のノウハウをモデル化した脅威検知AIセキュリティクラウドの導入があります。SQLインジェクション対策の代表的なものは以下になります。エスケープエスケープとは、企業のサイトにSQLインジェクション攻撃がおこなわれても、実際に不正な操作がおこなわれないようにする対策になります。エスケープでは、悪意のある攻撃者が不正なSQLを企業のウェブサイトにインジェクションしても、実行できないように、データベースを操作するSQLに使用されるシングルクォート( )やセミコロン(’;)などの記号が入力された場合、別の文字として解釈するように設定をおこないます。WAF導入WAF(Web Application Firewall)は、悪意のある攻撃者が、ターゲットとなる企業のウェブサイトにアクセスした後に、不正と認識される動きがないかアプリケーションレベルで感知して、疑わしい要求があった場合は、受け付けないファイアーウォールです。一般的なファイアーウォールは不正なアクセスがあった時点で感知しアクセスを遮断するため、悪意のある攻撃者がターゲットとなる企業のウェブサイトにアクセスした時点では、正当なアクセスと区別ができないSQLインジェクションは、防ぐことができませんでした。WAFを導入することで、一般的なファイアーウォールをすり抜けたSQLインジェクションを防ぐことができるわけです。脆弱性を定期的にチェック企業のウェブサイト内のソフトウェアやアプリケーションなどが、最新バージョンにアップデートされ脆弱性がないかセキュリティ専門家が定期的にチェックすることも重要です。開発や導入時に脆弱性対策を忘れないウェブサイトの開発では、セキュリティ専門家のスキルと経験を加味してSQLインジェクション攻撃に対抗できるように作業をすすめる必要があります。また、ウェブアプリケーションなどを導入する際にもセキュリティ専門家によって、脆弱性対策が十分に備わっているプランであるか確認しなければなりません。