AWS X-Rayとは?アプリケーションを分析および、デバッグ


AWS X-Rayの概要

AWS X-Rayは、本番環境または、マイクロサービスで構築されたアプリケーションを分析および、デバッグができるサービスです。アプリケーションに使用されているAWSサービスの実行状況を可視化し、パフォーマンスの異常や、エラーの原因追及などができ、問題点を解決に導くことができます。また、AWS X-Rayはアプリにケーション内で転送されるリクエストが端から端までの経路を表示できるため基盤となっているコンポーネントマップも表示されます。

AWS X-Rayの利点

様々なアプリケーションに対応

AWS X-Rayは開発中、本番環境、シンプルなアプリケーション、複雑なアプリケーション、マイクロサービスアプリケーションなど、様々なアプリケーションの分析を行うことができます。

パフォーマンスの向上

AWS X-Rayを使用することによって、パフォーマンスの異常を特定することができます。またAWS X-Rayのサービスマップを使用することによって、アプリケーション内のリソース状況をリアルタイムで把握することができます

問題の特定

AWS X-Rayを使う事によって、アプリケーションの実行状況を見通すことができるのでリクエストのパスを辿ることにより、エラーなどの不具合の根本を調べることができます。また、トレースにメタデータを付加できるので、タグでのフィルタリングによって、パターンを発見し、問題の特定に役立ちます。

シンプルな設定

AWS X-RayはEC2、ECS、AWS Lambda、AWS Elastic Beanstalkで実行されているアプリケーションで使用ができるため、開始するには簡単です。使い方としては、アプリケーションにAWS X-Ray SDKを統合し、AWS X-Rayのエージェントをインストールするだけです。また、AWS Elastic Beanstalkには事前にインストールされているため、統合のみの操作で使えることできます。

セキュリティ

AWS X-RayはIAMと統合されているため、必要に応じた許可をもつユーザーやリソースに対して制御をかけることができます。そのため、必要に応じたポリシーを与えていれば、セキュリティ面でも心配はありません。

参考資料

https://aws.amazon.com/jp/xray/