AWS Cloud9とは?ブラウザのみでコードの記述や実行、デパックまで


AWS Cloud9の概要

AWS Cloud9は、ブラウザのみでコードの記述や実行、デパックまでの処理をすることができる、クラウドベースの統合開発環境(IDE)です。

そのため、インターネット接続できるマシンがある環境であれば開発作業を行うことができます。

また、AWS Cloud9IDEには、JavaScript、Python、PHP、Ruby、Go、Javaなど、多くのプログラミング言語用のツールをあらかじめパッケージ化して提供しています。

AWS Cloud9の利点

クラウド上でアプリケーション開発を簡単に実行

AWS Cloud9を使用することで、Amazon EC2や、SSHをサポートするLinuxサーバーで、開発環境を構築でき、インターネット接続したブラウザがあれば、クラウド上で、アプリケーションの作成から、実行、デバックが可能となります。つまり、アプリケーションの開発環境をつくるための手間や管理の必要がなくなります。また、AWS Cloud9は、コードエディタ及び、統合されたデバッガーには、「コードのヒント」「補完機能」「ステップスルーデバッグ」などもあるため、開発時間の短縮もできます。

簡単にリアルタイムでチームと連携できる

AWS Cloud9は簡単にチームと連携でき、共同でコードの記述や実行、デバックまででき、互いにリアルタイムでタイピングすることもできます。

サーバーレスアプリケーション開発を簡素化

AWS Cloud9はサーバーレスアプリケーション開発、実行、デバックが簡単になります。サーバーレス開発に必要なライブラリ、プラグインなどすべて開発環境には事前設定されているため、AWSLambda関数のテスト、デバッグのための環境として利用することができます。

ほかのAWSサービスとの連携

AWS Cloud9には、AWSCodeStarと連携されているため、AWSでコードを素早くリリースすることができます。AWS CodeStarはAWS CodeCommit、AWS CodeBuild、AWSCodePipeline、AWS CodeDeployを利用して、AWSにアプリケーションを簡単に構築、テスト、デプロイが統一されたものを提供することができます。

参考資料

https://aws.amazon.com/jp/cloud9/